老化予防効果があるといわれる代表的な成分は
ビタミンAの一種「レチノール」です。

ビタミンAには抗酸化作用があり、肌に塗ると、
コラーゲンを増やす作用があるといわれています。

肌の表面にコラーゲンを塗っても、真皮にあるコラーゲンが増えることはありませんが、
レチノールを塗るとコラーゲンが増えるというデータがあります。

ということは、シワを改善する効果があるということです。
ただ、注意が必要なのは、レチノールを塗ると、肌がカサつくことがあります。
肌が弱い人、敏感肌の人は気をつけてください。

ビタミンC誘導体も、シミ、シワの改善に役立ちます。
ビタミンCそのものは、皮膚への浸透が悪いため、
誘導体というビタミンCを浸透しやすい形に変えたものが開発されています。

化粧品に使われていますので、パッケージをよくご覧になってみてください。
なかでもリン酸型ビタミンCは、安定性にも優れており、皮膚への効果は飲むビタミンCに比べても、格段です。

ほかには、ピーリング成分も肌の余分な角質を落としてくれますので、
ターンオーバーを高めてくれて、抗老化に一役買ってくれます。

AHAやフルーツ酸配合と書かれていますので、パッケージをよく見ましょう。
この成分は、石鹸、化粧水、パックなどいろいろな種類のものが出ているので、使ってみてください。

化粧品ですぐに肌が改善されるわけではありませんが、
日々のお手入れによって、少しでも老化を遅らせられれば、10年後の肌は違っているはずですよ。